忘年会で金券をもらった


クレジットを店舗等において決済する場合、もれなく体験したことがあるのではと思いますがスタッフが未熟なためにいったいどのレシートをお客様に提示するのか迷うことがあるかと思います。

というのは、クレジットを使用するとカード端末からは3枚の利用明細というものが吐き出されるためであり、それらのどのレシートを利用者の方に差し出すのかわからないというものだ。

3組綴りの明細の説明)この3組綴りの明細についてはいかなるものなのかについての概要は、以下の記載の通り。 1客に渡す用のレシート。 2店舗で保管する利用レシート。 3クレジットカード会社保管用使用レシート(署名を行う明細)。

本来は当然お客さんへ保管してもらう紙の方をもらうのですが時として店舗で保管する利用明細を利用者側へ誤って渡してしまったことであったり記名をした方の利用明細自体を渡してしまったなどというパターンさえも見られます。

特にアルバイトの人や、通常クレカが利用されない店舗の会計にてクレジットカードを利用する際、店舗スタッフの迷いというものが見れるようです(笑)。 もしスタッフが違う利用レシートというものを提示して際には怒りを抑えて「こちらじゃありませんよ」と一言教育してあげてほしいものです。